red orange yellow green blue pink

経営者が求める人材

アルバイトにはその日限りの単発のアルバイトから季節限定の仕事、更には年単位の長期の仕事までたくさんの種類の仕事があります。単発のアルバイトでは基本的に覚えることも少なく、任された仕事を確実にこなしていく事でお給料を頂く事ができますが、長期の仕事の場合はだんだんと仕事の技を覚え、それを後輩に伝えるといった役割も担わなければならなくなります。

面接の際に経営者から、「どれくらいの期間働く事が可能か」と聞かれる事は多いですが、できるだけ長い期間にわたって働く事が可能である事を告げれば、非常に重宝されます。なぜなら、人材育成というのは非常に手間と時間のかかる作業だからです。せっかく一人前のアルバイトに育て上げても早期に仕事を退職されてしまっては、教えた知識や時間が全てムダになってしまいます。経営者にとって最も嬉しいことは、新入りのスタッフができるだけ長く同じ職場で働き、一人前に仕事全般をこなす事ができるようになってくれる事です。そうなれば、いずれはスタッフ間で仕事を教えあったり、仕事に関するアドバイスを出来るようになり、経営者の負担も減らす事ができるからです。

さらにアルバイトで長い期間働き、その職場に必要不可欠な存在になれば、正社員としてスカウトされる場合もあります。このように、アルバイトとして長い期間の経験を持つ人物を社員として新しく雇用する動きは中小企業を中心に広く浸透しています。正社員として働きたい会社があれば、まずアルバイトとして採用してもらい、経験を積んで社員登用を狙ってみるのも有効な手段の一つです。